マンション管理会社の変更はプロにお任せ!

硬貨を積む人

管理会社のリプレイス

マンション管理会社の変更を考えている場合は、知識が豊富なマンション管理士に相談する方法があります。管理費を抑えるためやより良いサービスを得るためにも管理会社の見直しがおすすめです。大規模修繕を視野に入れて管理費や業者を見直す人が増えています。

準備して備えておく

マンション

おさえておきたい点

マンション経営をしているオーナーで、マンション管理会社を変更したいと考えている方も多いのではないでしょうか。マンション管理会社を変更するときには注意しておきたいことが幾つかあります。マンション管理会社を変更すると、入居者に家賃を振り込む口座の変更をしてもらわなくてはいけません。ですので、前もって管理会社の変更する旨を伝えて、理解を得ておく必要があります。さらに、管理会社が変わることによるメリットを伝えておくといいでしょう。サポート体制が良くなる、清掃作業の回数が増えるなど入居者の事を考えて管理会社を変更したと思ってもらえるように説明すると良い心象を得られるでしょう。管理会社が変わると家賃保証会社との契約を新しい管理会社へと引き継げないことがあります。家賃保証会社と契約が切れるということは、その間の家賃滞納については保証が受けられません。マンション管理会社を変更する前に、変更しても契約を引き継げる家賃保証会社と契約しておく必要があります。これに加えて、家賃保証会社が変更になると、入居者に新しい保証会社と契約を結び直してもらう必要があります。新しい会社と契約を結ぶことは入居者にとってはとても負担の多いことです。入居者が家賃保証会社へと支払う契約料を代わりにオーナー自ら支払うなどの配慮が必要です。また、管理会社を変更するときは、仲介業務の忙しい時期は管理会社の仕事も増えるので避けるようにしましょう。1月から3月と9月から10月がこの忙しい時期に当たります。

管理会社を変える場合

マンション管理会社の変更は、不動産オーナー、マンション管理会社の双方にリスクが生じます。入居者が物件や管理会社の対応に不満を持ち、退去することもありますので、入居者が退去すると不動産オーナーは家賃収入を失うリスクがあり、マンション管理会社は管理手数料を失うリスクが生じます。

スリムな管理プラン

管理コストを削減して手取り収入を増やしたい場合には、料金が割安な独立系のマンション管理会社に変更するのが理想的です。契約先を選ぶ場合にはエレベーターのメンテナンス体制に注目するべきであり、大規模修繕のアドバイスをしてくれる業者も魅力的です。