マンション管理会社の変更はプロにお任せ!

握手

スリムな管理プラン

模型

コストを削減する方法

収益性を重視する賃貸マンションの所有者が努力しているのは、管理コストの削減による、手取り収入のアップです。特に物件を購入したときのマンション管理会社をそのまま活用している場合には、相場よりもコストが割高なケースもあるために、必要に応じて契約先を変更するべきです。大手不動産会社系列の業者も魅力的ですが、契約先の変更で特に注目されているのが、独立系のマンション管理会社です。独立系のマンション管理会社の一番の強みは、料金が割安な点であり、変更によって管理コストを大幅に削減できるでしょう。また契約先を変更する時に便利なのは、マンション管理会社の情報サイトであり、サービス内容を比較できるのが魅力的です。とりわけ規模の大きな賃貸マンションを保有しているオーナーがこだわっているのは、管理会社によるエレベーターのメンテナンスサービスです。24時間体制で緊急時にすぐ駆けつけてくれる業者を利用すると、マンションの大家と入居者の安心感も高まるでしょう。しかし規模の大小を問わず、マンションのオーナーが強く興味を示しているのは、稼働率アップに向けたサポート体制です。築20年を超えたマンションは空室率が高まるので、マンション管理会社の経営アドバイスが、オーナーの悩みの解消にも役立つでしょう。更に日常的な建物の管理に加えて、専属のスタッフが大規模修繕を行っている業者に変更するのが、保有物件の資産価値を高めるための秘訣です。